TOP > コラム一覧 > NPOが空き家を宿に・滋賀

コラム

NPOが空き家を宿に・滋賀

滋賀県彦根市で、空き家を改装した本町宿が2016年3月24日にオープンします。地域の歴史的文化遺産の活用を図るまちやプロジェクトの一環として、NPO法人ひこね文化フォーラムが進めています。

 

彦根城近くの城下町の風情が残る地域の一角に位置する空き家は、築150年ほどの古民家。総事業費は2200万円ほどですが、総務省の地域経済循環創造事業交付金を活用しました。

 

城下町の風情が残る地域ならではの活用方法ですが、同様の風情が残る地域へのモデルケースとなればと思います。





(c) copyright akiya-bank-japan.net