TOP > コラム一覧 > 3.11後の空き家対策・福島

コラム

3.11後の空き家対策・福島

3.11から5年。特に福島県では原子力発電所の事故もあり大きな被害がありました。そんな福島県の空き家対策について調べてみました。

 

福島県では2014年より、被災者と県外からの移住者を対象に、空き家の清掃代40万円と改装費の半額(最大150万円)を支援する試みをはじめました。

 

福島県では3.11以降の人口流出が著しく、空き家対策に力を入れることで、空き家問題はもとより人口減の対策を図りたいという狙いのようです。

 

3.11の復興はまだ道半ばというところでしょうが、支援により活気が戻ることを期待したいですね。





(c) copyright akiya-bank-japan.net