TOP > コラム一覧 > 粗悪な空き家解体業者から身を守る

コラム

粗悪な空き家解体業者から身を守る

維持していくことが難しい空き家は解体することになりますが、解体業者にも良し悪しがあり、中には粗悪な業者もあります。途中で業者が行方をくらまし、廃材が散乱したまま放置されているという事例もあります。こういった粗悪な空き家解体業者から身を守るにはどうすれば良いのでしょうか。

 

見積書をみると、ある程度は見極められるといいます。床面積80㎡以上の空き家解体を行うには建設リサイクル法に法り、廃材を中間処分場に引き取ってもらう必要があります。こういったことに疎い業者の見積もりは妙に安く、処分の段になって予想以上の費用がかかり見積もり以上の金額を請求されたり、不法投棄されていたりということがあります。

 

見積書が工事一式とだけなっているものは怪しく、足場養生や家屋解体、処分代など項目立っているものがおすすめです。解体工事の登録や許可があるか、産業廃棄物の運搬や処理を記したマニフェストをもらえるかもポイントです。

 

概ね一坪あたり3〜4万円程度が相場といえます。処分にまで費用がかかるのは空き家所有者にとって頭の痛い問題ではありますが、適正に処理してくれる業者を選定したいものです。





(c) copyright akiya-bank-japan.net