TOP > コラム一覧 > 空き家計画を作る市町村を全国の8割に

コラム

空き家計画を作る市町村を全国の8割に

国土交通省は、社会資本整備審議会の住宅宅地分科会に、住生活基本計画を提示しました。こちらでは、2025年までの10年間の住宅政策を示していますが、空き家計画を作る市町村を2025年に全国の8割とすることを目標としています。

 

空き家対策に力を入れる自治体は増えつつありますが、全国的にはまだまだ十分とは言えない状況です。空き家に力を入れている自治体が当たり前となる状況を目指します。





(c) copyright akiya-bank-japan.net