TOP > コラム一覧 > 空き家を町おこし施設に・青森

コラム

空き家を町おこし施設に・青森

青森県五戸町の空き家が、町おこし用の施設である四季庵に生まれ変わりました。腕の良さで知られる五戸大工の手による和洋折衷の建物です。欄間や障子戸には彫刻が施され、ふすまには日本画家七尾英鳳による十和田湖の風景画が描かれています。戦後すぐの物資が不足した時期に材料を吟味して作られたという点でも、貴重な建物だといえます。

 

この建物に目を付けたのが他の地域から移住してきた地域おこし協力隊。関係者の協力を得て空き家の活用が実現しました。長年放置されてきた空き家が、他の地域からの移住者による新たな目線により活用が実現した点が興味深いです。目線を変えてみると、まだまだ空き家活用の方策が見つかるかもしれませんね。





(c) copyright akiya-bank-japan.net